「豊生スタイル」は4つの「コア・コンピタンス」から生み出される
当社はブレーキ部品の専門メーカーとして、世界中の多くのお客様から高い評価をいただいております。この実績を支えているもの ー
それが、当社のもつ「開発・設計・評価」「品質保証」「生産技術」「生産」の4つのコア・コンピタンスです。
一つずつが各々に力を発揮するのではなく、それぞれがもつ特性を融合させ、最短・最善の道を模索することこそ「豊生スタイル」のものづくりだと考えます。

製品の安全・安心に向け、開発・評価を徹底設計からベンチ評価まで完結
当社の主力商品であるドラムブレーキでは強度・耐久・性能はもちろん、鳴き性能も満足できる製品開発、評価を実施しています。特に、鳴き評価に特化したサス付ダイナモメーターによる鳴き異音実機評価とFEM解析を活用し、ドラムブレーキ“鳴きゼロ”を追求しています。

環境槽付き
ブレーキダイナモメーター

ブレーキ周辺の環境(温度・湿度)などを変えながら、車両のあらゆる走行条件下でのブレーキ性能や、鳴き、振動を評価する試験装置です。データはコンピュータ
により管理されます。

鳴き評価解析

ブレーキの鳴き(ノイズ)の評価に特化した試験解析装置です。タイヤ横にマイクを設置し、1週間以上の期間をかけて性能の評価を行っています。

SEM (走査型電子顕微鏡)

有機・金属材料の分析・評価を行い、接着・塗装などの技術力向上や、生産から廃棄まで環境保護の観点に立った材料選定を行っています。

FEM解析

ブレーキ鳴きのFEM解析を行い、開発初期段階で鳴きを未然に防いでいます。

ドラムブレーキの3次元CAD

3次元CADにより、構造の設計や試作品用のデータを作成し、開発・検討を行っております。

絶対的な信頼こそ、ブレーキサプライヤーの命題お客様の声にも応えて
重要保安部品サプライヤーとして、お客様から“絶対的な信頼”を得ることは必要不可欠−。当社ではその強い想いのもと、一貫した生産体制のステップごとに厳しい品質チェック機能を設け、ソフト・ハードの両面から品質を管理した高安定・高品質の製品づくりを実現。
お客様に総合的な安心・安全という“満足”をご提供できる体制づくりに努めています。

ポータブル3次元測定機

持ち運びが容易な、ポータブルタイプのアーム型3次元測定機です。設置場所を選ばず即座にセットアップできるため、各現場で迅速に測定することができます。

3次元測定

製品精度の測定に使用されています。

非接触型3次元測定機

5/1000mmまでの測定が可能な3次元の非接触型測定機です。開発、試作、評価などさまざまな工程で品質向上のために使用されています。

各工場の特性を最大限に活かし高効率な一貫生産体制を確立
設計から生産まで一貫した生産体制の確立は、当社の大きな強みとなっています。その体制をバックアップしているのが高い「生産技術力」です。“品質至上”を第一に、高品質の製品をより高効率に生産しています。
プレス厚板加工及び精密プレスでは、当社のノウハウを駆使した金型を製作し、複雑形状成形を可能にしています。このほか、切削、溶接、塗装など各工場の技術は、当社全体の評価アップにもつながっています。

プレス金型

迅速化、コスト低減にも直結する金型製造を内製化。当社のノウハウを駆使してより高いレベルでの品質保証を実現しています。

切削加工

当社独自の複合刃具を採用し、高精度・高効率な切削加工を行っています。

切削加工による製品

摩擦圧接

部品同士を合わせ、回転・接触させることで発生する摩擦熱を利用して高圧力で接合。高強度が得られる接着技術として、アクスルハウジングの製造に利用されています。

ハイテン材 成形品

板鍛造加工品

曲げ、押し出し、絞りなどの技術を複合し、複雑な形状の製品を仕上げる「複雑形状プレス加工」。量産が可能でコストも低減できるほか、品質も安定。キャリパーブラケットやエンドカバーなどに応用されています。

時代とともに変化するニーズに、迅速に対応“確実な生産力”で得た、大きな信頼
当社は自動車のブレーキに特化したサプライヤーとして、ブレーキ関連部品の取り扱い数と生産量は世界トップレベルを誇っています。これを支えているのは、時代とともに変化するお客様のニーズに対して、高い品質とスピーディーな改善で応える「現場力」です。

3000t トランスファーライン

各工程の独立した型を一台のプレス機内に配列し、連続自動(トランスファー)加工を行う大型のプレスマシン。高精度の製品を大量に生産することが可能なマシンとして、本社工場に導入されています。

カチオン塗装

水溶性の電着塗料の中に被塗物を浸漬させ、直流電流を流すことで優れた塗膜をつくる塗装システム。複雑な形状でも均一な塗面に仕上がり、耐防食性は従来の工法より格段に向上しています。

溶接ロボット

さまざまなブレーキのサイズ・タイプに対応できる溶接ロボット。従来のマルチスポット溶接と異なり、自由に打点が変化させられるため新製品へのスピーディーな対応も可能です。

組立半自動ライン

人と設備をバランスよく配置した、効率の良い組立ラインです。

1200tサーボプレス機

多様化する型抜きには欠かせないプレス機で、駆動をサーボモーターで制御し加圧しています。当社の保有するプレス機は、サーボタイプの中でも最大級。厚板をコイル材から高精度に連続自動成形することも可能です。

主要設備

START

開発・設計・評価

品質保証

生産技術

生産

スタートに戻る 戻る 次へ
click